要所を暖め効率向上|寝相を見直していびきを防止|意外ないびきの原因
ウーマン

寝相を見直していびきを防止|意外ないびきの原因

要所を暖め効率向上

足元

要所を暖め効率向上

温活とは、基礎体温の値を上げることで体調の改善やダイエットの効率向上を行う活動で、冷え性に悩む女性に人気の手法です。昔から女性は男性に比べ血管の太さと筋肉量の違いから冷え性になりやすい傾向にありました。近年はそれに加え、運動不足による血液循環の不足と筋肉量の低下、また現代生活によるストレス、エアコンに慣れることによる体温調節機能の低下から、さらなる体温の低下が起こり、35度台の方も多く見受けられるようになりました。低体温化は様々な好ましくない影響を引き起こし、例えば基礎代謝量の低下により太りやすくなり、また肩こりや腰痛、生理不順等に繋がります。温活における活動の一環として、体の部位を暖める方法があります。このとき、暖める箇所に注意を払い、要所を暖めることにより基礎体温を効率良く上げることができます。

首・手首・足首を暖める

温活の一環にある体の一部を暖める活動ですが、その際に重要な部位として、首回り、手首、足首があります。これらの箇所は太い主要な動脈が肌の表面付近を走っており、血液の温度、つまり体の深部の温度を体外に伝えやすい位置になります。ここを注意して保温する、或いは暖めることによって、効果的に体の深部の温度を上げることができます。具体的には、最も効果がある部位である首回りの保温を行いましょう。その場合には、ネックウォーマーやマフラー、タートルネックを着用するのがおすすめです。外出時だけでなく、寝る際に着けるための商品も近頃は多く用いられています。次に手首の保温については、手袋やアームウォーマーが有効です。また、足首の保温には靴下とレッグウォーマーが用いられます。それぞれ複層により空気の層を形成し保温性が高いものや、手や足に長時間つけても違和感のない肌触りの良いものなど、効果的な温活につながる様々な種類の商品が販売されています。